中央競馬速報ガイド

競馬速報ガイドはその名の通り、競馬情報をいち早くお届けする競馬ブログです。その日の競馬ニュースや過去の好走傾向などを掲載しています。
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
第104回京都記念 傾向
JUGEMテーマ:競馬

 第104回京都記念 傾向

2月13日に京都競馬場で行われるG2の京都記念。
前走での成績別に傾向を見てみると、ここでの勝馬10頭中6頭は前走で連対を果たしている馬でした。
しかし、極端だったのは残る4頭が前走で6着以下だったという点でした。
最も好成績だったのは、前走2着馬で(5・1・0・8)の3着内率42%。
一方、前走2着馬に次ぐ好成績だったのは前走1着馬ですが、(1・3・2・18)とそれほど信頼度が高くはなく、前走で10着以下と大敗した馬の(2・1・5・26)3着内率23%という成績と大差がありませんでした。
前走2着馬の勝率の高さは無視できませんが、伏兵馬の活躍も大いに期待できる波乱含みのレースであると言えそうです。



 

| 競馬関連情報 | 23:16 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
チェレブリタが死亡
JUGEMテーマ:競馬
 2009年の京都牝馬ステークスで優勝を飾ったチェレブリタが、2日に死亡したと伝えられました。
ちなみにチェレブリタは5歳の牝馬。
JRA通算成績は24戦4勝で、1億1949万1000円の賞金を獲得しています。
死亡の原因はせん痛を発症した為で、症状は1週間ほど前から出ており、状態が思わしくなかったとの事。
死亡したのは放牧先の北海道三嶋牧場で、2日には競走馬登録が抹消されたという事です。

| 競馬関連情報 | 17:42 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
第59回ラジオNIKKEI賞 傾向
JUGEMテーマ:競馬

 第59回ラジオNIKKEI賞 傾向

7月4日に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞。
06年にラジオたんぱ賞から名前が変わりハンデ戦へと変更になったこのレース。
別定戦だった以前のレースも含め過去10年の傾向を見てみたところ、3着内に好走した馬は全て前走が芝のレースだった事が分かりました。
ダート戦をステップに参戦した馬は、過去10年で18頭のみと少数だった事もありますが、やはり芝重賞のここでは、前走ダート組の活躍は難しいと言えそうです。

| 競馬関連情報 | 23:20 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
第51回宝塚記念
JUGEMテーマ:競馬

 第51回宝塚記念

日曜日のG1・宝塚記念に、アドマイヤオーラが出走する可能性が高くなりました。
除外対象だったアドマイヤオーラですが、獲得賞金上位のオースミスパークが宝塚記念を回避し、福島テレビオープンに出走する公算が大きくなった為に、出走可能となる見込みが出てきたもの。
前走は、長期の休み明けで金鯱賞5着となったアドマイヤオーラですが、重賞で3勝を挙げている実績があり、ブエナビスタの兄にあたる良血馬。
叩き2走目で上積みが期待できる事もあり、参戦できることになれば有力馬ブエナビスタとの兄妹対決が楽しみな一頭となりそうです。

| 競馬関連情報 | 15:21 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
第5回ヴィクトリアマイル 傾向

 第5回ヴィクトリアマイル 傾向

5月16日に東京競馬場で行われるG1のヴィクトリアマイル。
傾向として注目しておきたいのは、年明け3戦目の馬が毎年連対を果たしているという事。
06年はエアメサイア、07年はアサヒライジング、08年はウオッカがそれぞれ2着を確保し、昨年もウオッカが年明け3戦目のここで優勝を決めています。
また、それまでの2戦で優勝を飾っていないという点も共通している事から、このレースを目標に無理をせず仕上げられている様子が窺えます。
この時季には、連戦を重ねている馬も多い中、G1のここで結果を出すには、程よいローテーションでここをピークに持ってくるだけの調整過程が必要なのかもしれません。


 

| 競馬関連情報 | 17:18 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
第15回NHKマイルカップ 傾向

 第15回NHKマイルカップ 傾向

5月9日(日)に東京競馬場で行われるG1のNHKマイルカップ。
傾向の1つとして注目してみたのは、前走でのレース距離です。
過去10年で単勝オッズ20倍未満だった馬を調べてみたところ、前走が1800m未満のレースだった馬が(3・2・3・30)の3着内率21%だったのに対し、前走が1800m以上のレースだった馬が(4・5・3・15)の3着内率44%を挙げていました。
連対馬の数や3着内率を見ても、前走で1800m以上の距離を走っていた馬が、それ以外の距離だった馬の倍近くをマークする好成績を残しており、上位人気馬の比較をする場合は中距離以上からの距離短縮組に注目したいと思っています。

| 競馬関連情報 | 16:12 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
第45回フローラステークス 傾向

 第45回フローラステークス 傾向

4月25日(日)に東京競馬場で行われるフローラステークスの傾向を見てみました。
注目してみたのは前走のレース別成績で、過去10年のうち、最も多くの勝馬を出しているのは(4・1・0・29)のフラワーカップ組でした。
ただ、3着内率を見ると14%ほどにとどまっており、(1・1・2・9)で3着内率30%の桜花賞トライアル組や、(1・4・1・16)で3着内率27%のミモザ賞組などの方が好走率が高い事が分かりました。
また、フラワーカップや桜花賞トライアル以外の重賞、ミモザ賞以外の500万下、そして新馬戦や未勝利戦をステップにここへ参戦した馬であっても、平均的に好走馬を輩出している事から、どの臨戦過程を経てきた馬にもチャンスが期待できるレースと言えそうです。

| 競馬関連情報 | 19:51 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
第70回皐月賞

 第70回皐月賞

4月18日に行われるG1・皐月賞の1週前追い切りを見てみました。
今回、特に注目してみたのはアリゼオで、8日に美浦のウッドチップコースで3頭併せを行っています。
最内に入ったアリゼオは、真ん中のダークシャドウと併入、外のサトノディライトには半馬身先着し、6ハロン80秒8−37秒5−13秒9の時計をマークしました。
直線ではもたつく面も見せましたが、息の入りも良く、このひと追いで変わり身が期待できるとの事。
折り合い面に問題がなく距離延長に不安がない事も強味とあり、G1の大舞台でも侮れない存在と注目しています。

| 競馬関連情報 | 21:33 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
第58回日経賞 傾向

 第58回日経賞 傾向

3月27日(土)に中山競馬場で行われる日経賞の傾向を見てみました。
3月下旬に行われるレースという事もあり、今年初戦という馬も少なくないレースではありますが、過去10年のうち8年で年明け2戦以上に使われていた馬が連対している事が分かりました。
また、連対を果たした10頭のうち7頭が、年明け以降の重賞で3着以内に入る好走をしていたり、オープン特別で優勝するといった結果を残していました。
これらの事から、今年に入って順調に使われている馬で、尚且つオープンクラスで活躍するような好調状態を見せている馬には注目してみる価値がありそうです。
 

| 競馬関連情報 | 15:07 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
フサイチセブン差し押さえ
 関口房朗氏の所有馬である、重賞馬フサイチセブンや、セレクトセールで最高価格をつけたザサンデーフサイチ等が、東京地裁に差し押さえられていた事が明らかとなりました。
ミスター大盤振る舞いと呼ばれるなど、ハデな身なりや言動で一躍有名となった名物馬主の関口房朗氏。
これは、その関口氏が所有する人材派遣会社の売却や支援に関し、競合禁止義務に違反したとして訴訟問題となった事が始まり。
1月25日には5億円の支払いを命じる判決が下り、財産の一部としてフサイチセブン等の所有馬が差し押さえられたもの。
ちなみに、差し押さえられた競走馬はレースに出走する事ができず、今後は競売などで所有権が他に移る可能性が高いとの事です。

| 競馬関連情報 | 23:34 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP